2014年2月28日金曜日

Nexus7(2012)が充電できない4

原因究明1

http://kohju.justplayer.com/SmartPhoneTips_power_usbcurrent.htmlhttp://weekly.ascii.jp/elem/000/000/164/164256/によると、AndroidではD+とD-が200 ohm程度の抵抗でつないであると、Dedicated Charging Portと判断する。そこでASUSの充電器のD+とD-(つまり2番と3番)の抵抗を調べると、0.05 ohm以下だった。つまりASUSの充電器と任意のUSB cableでDedicated Charging Portと判断されるはず。他方、古いケーブルでは充電できなかった時があった。これはケーブルが断線しているためと思われる。参考までに、iPhoneやiPadではUSBのデータラインが適切な電圧に なっていると急速充電される。

Nexus7を分解すると、(1)メイン基板 (2)リポバッテリー (3)それについた小基板 (4) microUSBコネクターのついた小基板 (5)液晶を含むその他 に分けられる。充電ができない原因は(1)-(4)に加えて、(6)ソフトの不具合と色々考えられる。ASUSの修理も、(1), (2+3), (4)の部品交換をするだろうから、部品代は結構するだろう。
 
充電できない原因を調べるため、Nexus7の裏蓋とスピーカーを外し、 付属充電器にUSBケーブルでつないだ。microUSBの基板ハンダ付け部分で電圧を測ると、5.2Vが来ていた。またD+とD-は短絡されていた。また(2+3)リポバッテリー+小基板を取り去り、それが(1)メイン基板につなぐコネクタのハンダ付け部分で電圧を測ったが0Vだった。バッテリーを接続すると、3.6Vとなった。


(4)は断線無いかテスターで検査はできる。
(1)(2)(3)は充電可能な動作する個体があれば部品交換で検査はできる。
(2)はほぼ同規格のリポバッテリーに付け替えれば分かるかも。

ヤフオクなど充電可能なジャンク品を手に入れると原因は分かる。バッテリー不良なら、新しいの(4000-6000円)も必要なので、電池が新しいジャンク品希望。価格は7000円+送料800円程度のようだ。この値段なら、安い中華タブレット(例えば原道N70双撃S)が買える。保証は1週間のみだが、custom farmwareがありそうだ。ちょっと迷う。

0 件のコメント:

コメントを投稿